トランクルームを最大限に使う|真似したい倉庫活用術

倉庫

提供先について

倉庫業者が提供するのがトランクルーム

倉庫

最近よく見かける「トランクルーム」の看板。じつは「トランクルーム」というのは、元々国土交通省の許認可を受けた倉庫業者に許された貸し倉庫の名称なのです。最近では、倉庫業者と非倉庫業者で区別しているようですが、両者の間には保管責任の違いや、入出庫時の立会いの要・不要、また利用時間の制限の有無など全体的に見ると大きく違います。利用する際に、きちんと理解している方がどのくらいいるのでしょうか。特に保管品の保証責任の有無に関しては、あとになってトラブルになり兼ねない大切な事項です。契約する場合には、細かいところまで納得してから利用することをお勧めします。便利で安いし、近くにあるので気軽に利用できるということで、簡単に借りてしまう方が多いのですが、重要な事柄を見落とさないように利用してください。

非倉庫業者の提供は主に不動産賃貸借です

トランクルームには、コンテナを積み並べたコンテナタイプと、小部屋のように仕切ったビルインタイプがあります。コンテナタイプには屋内と屋外のものがあり、屋内コンテナタイプはまさに倉庫内にコンテナを積み並べて保管する形態です。屋外コンテナタイプは敷地内にコンテナを上下2段に積み並べたものが多いようです。ビルインタイプは空調設備が完備されているため、自宅で保管しているのと変わらないくらい状態が良く、24時間いつでも出し入れができます。別の場所にあるクローゼットや押入れと考えるとわかりやすいと思いますが、空調設備や防犯システムが完備しているため利用料金は少々高めになっています。ビルインタイプはトランクルームと言うよりは、小部屋の賃貸といったほうがわかりやすいかもしれませんね。